このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

エアコン購入と取り付けにかなりの費用がかかるものです。実際のエアコン購入の流れとしては、エアコン取り付け依頼予定の会社に申し込むことから始まります。この際にはどこにどう取り付けるのか相談することになりますが、ここで重要な工程は見積もりをしてもらうところになります。見積もりは、自宅の現在の状態でエアコン取り付けにいくらほどかかるのか計算してもらう工程になります。したがって、費用の検討をしたいのであれば、ここで慎重に見積もりをするべきです。

この見積もりが完了したら、次は日にちの打ち合わせを行います。こちらは、業者の依頼の入り具合によってかかる期間が大きくことなるのでそこは把握しておきましょう。日程が決まったら、実際に工事開始となります。

ちなみにエアコンの申し込みと聞くと、店で直接申し込むかたちをイメージする方もいます。しかし今ではネットで申し込みを済ませる方法あり、気軽に申し込みが可能となっています。

エアコン取り付けの申し込み方

パソコンエアコンの購入が済んだら次は取り付けを依頼するパターンが、多いのではないでしょうか。取り付けの申し込みと聞くと実際に買った店舗で取り付けまで依頼するイメージのある方もいると耳にしました。詳細な取り付けの申し込み方法には直接店で申し込む方法の他にネットで申し込む方法が存在します。

店舗での申し込みはエアコン本体を店で買った時、そのまま店員から進められることがあります。したがって、直接取り付けを依頼する方も少なくありません。また、お店での取り付けの申し込みはそのまま流れで任せられます。したがって、エアコン取り付けの依頼が少ない時期の場合などにはすぐに対応してもらえる可能性も高いと言われています。しかし、中には他の業者に頼んでいた方が安かったという事例もあるためどちらも検討してみるべきではないでしょうか。

一方店舗での申し込みではなく、ネットの場合は店に行かなくても申し込みできる点が便利な点なのではないでしょうか。ネットでのエアコン取り付け申し込みの仕方としては、取り付け業者のサイトで必要事項を記入して送信する流れが一般的です。そこあら業者側が送った情報をもとに相談や見積もりを行います。

見積もり前に現場を調査する

店での申し込みであってもネットからの申し込みであっても、見積もりを口頭の相談だけで済ませる方もいます。依頼する業者によってはエアコン取り付けの当日しか来ないといったパターンもあるのですが、この場合場所によっては作業員の方に詳細なことが伝わっていないという可能性も考えられます。したがって、把握していないため時間がかかったりと困ることになりかねません。

このような心配がある場合は、実際に取り付け予定の現地に着てから見積もりを出してくれるところを利用するのも手の1つです。すべての業者が現地での調査を行うわけではなりません。しかし少しでも効率よくエアコンの取り付け作業を行うためにも事前に現場を見てもらうのは依頼者側も依頼を受ける側も安心なのではないでしょうか。

中にはこの現地調査をすることで、余計な手間が増えると思う方もいるとされています。そこで現場を見ずに工事の当日を迎えた場合を想像してみてください。当日しか来ないということで、把握していない状態の場合もあるかもしれません。したがって、その自宅のエアコン取り付け環境によっては、追加料金がかかることもあるのです。

追加料金がかかる事柄の例えとして、エアコンを取り付けたいところと除湿器までの線の長さが足りないなどよくある話とされています。もともとエアコンの購入から取り付けまで予算がかなりかかるため、なるべく費用を安く抑えたいものです。計画的にエアコン取り付けの予算を検討したいのならば、実際に来てもらった方が良いでしょう

複数見積もりの理由

見積もりをする際に、1つの業者だけで見積もりを済ませる方も少なくありません。
これはエアコン取り付け作業にかかる金額が、いくらでも構わないということであれば問題ないのです。しかし、買った後に他の業者の方が実は取り付けるのにかかる費用が安かったという可能性もあります。そのため、少しでも安くエアコンの取り付けを行いたいのであれば複数の業者での見積もりがおすすめです

当然ですが、同じ取り付けという作業でも取り付けの仕方や、取り付けのために配置できる人員の設定はエアコン取り付け業者によってそれぞれ異なります。なぜなら使っている道具や取り付けに送れる作業員の人数も確実に定まっていないからです。よってエアコン1台を取り付けるのにかかる時間も依頼する業者によって違います。このこともあってか作業時間もエアコンを1台取り付けるのに、大体1時間から2時間くらいかかるのが相場とされています。とは言え、作業人数の関係で少ない場合は、より時間がかかる可能性もあることを考慮しておきましょう。

このような点を考えるとよりお得にエアコンの取り付けを依頼するためにも、複数申し込みをおすすめします。複数業者への見積もりを行えば、後から他の業者の方が費用の額も良かったと後悔する確率も低いと言えるでしょう。

まとめ

エアコンの取り付け申し込みはエアコン本体の買い方によっては、複雑なのではと考える方もいると聞きます。確かに、店でエアコンを買った場合にはそのまま購入した後に、取り付けの相談を持ちかけられる店員もいます。しかし、インターネットで購入した場合には、取り付けを店で頼みにくいという心持ちの方も少なくありません。そのような方にはぜひ、エアコン取り付け業者ホームページからの申し込みをおすすめします

加えて、もう1つエアコン取り付けの依頼決定の前に確認しておくべきことがあります。それは申し込むと決めた場合には、見積もりを慎重に行うことです。1社だけで見積もりを済ませて、そのまま取り付けをお願いするパターンも多いです。しかし、他の業者の見積もりを知らないため、後からこちらにしておけばよかったと後悔する可能性があると言えるでしょう。

もしも、エアコンの取り付けにかかる費用で、心配があるという方は慎重に依頼する業者を決めるために複数の業者での見積もりをおすすめします。