エアコン取り付け時の追加料金!室外機・コンセント・壁穴に発生する価格

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

エアコン取り付けを依頼する場合はまず見積もりを取るのが基本です。しかしそれも手間がかかりますし、予算を考えておく上で取り合えず目安の価格だけでも知っておきたい場合もあるでしょう。しかしエアコンの取り付け価格は詳細が公開されていない事が多いです。それはエアコン取り付けには追加費用が発生する可能性が高いからです。取り付け価格の目安は8000円~12000円と言われていますが、これは標準の工事のみで終わった場合の金額です。エアコン取り付けは状況により追加で費用が発生する可能性もあります。追加で費用発生するケースは幾つかありますが、室外機を特殊な方法で設置しなければならない場合に追加費用がかかる事が多いです

室外機設置の追加費用

お財布エアコン取り付け時、室外機の設置場所によっては通常の取り付け価格に加えて追加で料金が発生する場合があります。一般的には、室外機は家の外の地面やベランダに直置きされます。しかし最低でも幅が65センチ、高さが50センチ、奥行きが25センチのスペースが必要です。日本の住宅事情ではそのスペースを確保する事が難しい場合も多く、最近は一部屋に一台のエアコンが取り付けられている事もあるため、複数台分の室外機設置スペースがいります。室外機を外やベランダに直置きできない場合は、他の設置方法で室外機を取り付けます。マンションや建物の2階以上の場所でベランダに室外機を設置する場合、直置き以外では天吊りで設置される事があります。天吊りとはベランダの天井に架台を取り付け、そこに室外機を設置する方法です。下から見ると室外機が吊されているように見えます。この場合の追加費用は最低でも14000円からかかる事が多いです。ベランダの天吊りが難しく、廊下にも室外機を置けない場合は、建物の外壁に架台を取り付け、そこに室外機を設置する壁掛けの方法を採ります。設置する場合は外から脚立を使うため、地面から2メートル~3メートルほどの高さまでしか対応できません。追加費用としては同じく14000円から見積もりをしているところが多いです。屋根の上に設置できるスペースがある場合は、屋根に架台を置き室外機を設置する屋根置きの方法が採られる事もあります。こちらも目安14000円からかかる事が多いです。ベランダに複数台室外機を設置する場合は、室外機を重ねる二段置きの方法を採ります。まず室外機1台を設置し、その上に架台を設置、更にもう1台の室外機を置きます。1台分のスペースがあれば対応可能なため、スペースに限りがあるマンションや都市部の一戸建てでよく使われています。この場合の追加費用は他の方法よりも高くなる事があり、目安は22000円からの見積もりとなります。

コンセント工事の追加費用

エアコンには専用のコンセントがいります。コンセントは通常部屋の下側に設置されている事が多いのですが、エアコンの場合は天井側に取り付けますから、天井付近にコンセントが必要です。またエアコンは機種によっては通常の100Vコンセントではなく、200Vのコンセントが必要な場合があります。設置する部屋にエアコンに適したコンセントがない場合、増設や交換、または電圧変換をしなければいけません。かかる費用の目安はコンセントの増設で16000円から、形状交換で3000円から、電圧変換で6000円からの見積もりです。

穴開け工事の追加費用

エアコン取り付けでは室内機と室外機を繋ぐ必要があります。そのためには配管が通る穴がないといけません。もし配管用の穴が開いていない場合は、壁に穴を開けて配管を通します。最近の物件は予め配管用の穴が開いている事が多いのですが、場所によっては穴がない事もあります。その場合は追加で穴あけ工事を行いましょうで。穴あけ工事は壁の材質によって異なり、5000円から22000円と幅があります。また賃貸物件の場合は事前にオーナーの許可を取る必要があります。