六畳部屋のエアコン取り付けについて

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

引っ越しのタイミングでこれまでのエアコンをもう一度使用することがありますが、エアコンには空調能力が決められており、六畳用や八畳用などがあるのです。そのため、六畳用のエアコンを八畳の部屋に設置することもありますが、こういった使い方は良いのでしょうか。部屋のサイズに合わせた新しいエアコンを購入することがベストですが、それでは余計な出費となってしまいます。さらに、エアコン取り付けや取り外しは一般の方では出来ませんので、専門の業者に仕事を依頼しなければなりません。そのため、エアコンは何かとお金がかかってしまうのです。こちらでは六畳用のエアコンを六畳以上の部屋に使用する際の注意点について解説いたします。

方角や位置などで空調能力は変化する

日差し同じエアコンを同じ広さの部屋で使用したとしても、同じ空調能力が得られるとは限りません。エアコンの空調能力は窓の方角、部屋の位置、湿度や外気温によって大きく変化します。特に陽ざしの差し込む南向きの部屋と北向きの部屋では空調能力が大きく異なるでしょう。これによって、夏場になかなか涼しくならないこともあります。

そして、空調能力が変化するということは消費電力も異なりますので、電気代にも影響を及ぼすのです。シーズンによっては1日中エアコンを動かすこともありますので、電気代は無視できないものでしょう。さらに、エアコンの負担も変化しますので故障の原因にもなるのです。エアコンを使用する際はこういったランニングコストも考える必要があるのです。六畳用にエアコンを広い部屋で使う場合、これを踏まえる必要があります。

六畳用を広い部屋で使用する

部屋の環境によってエアコンの空調能力は変化しますが、六畳用エアコンを広い部屋で使用したらどうなるのでしょうか。こういったエアコンは六畳でベストな運転をするように設計されているので、六畳以上の部屋で使用するとエアコンに負担をかけてしまうのです。常に無理をした運転をすることで電気代も大きくなり、故障するリスクもアップするでしょう。

そして、八畳の部屋に六畳用エアコンを設置した場合と八畳用エアコンを設置した場合、これらを比較すると八畳用エアコンの方が電気代は安くなります。これは八畳用に設計されているので、無駄の無い運転が出来るためなのです。さらに、八畳用であればエアコンに負担をかけませんので、故障のリスクもありません。そのため、長い目で見ると部屋の広さに合わせたエアコンの方がリーズナブルなのです。

狭い部屋でエアコンを使う場合

部屋のサイズに合わせたエアコンを使用することで、電気代が安くなり故障のリスクも軽減出来ますが、八畳用エアコンを六畳の部屋で使用するとどうなるのでしょうか。この場合は空調能力が高すぎるので、本来使用する必要の無い電気を使ってしまいます。そのため、電気代が高くなってしまうのです。さらに、温度の微調整も難しいので寒過ぎたり暑過ぎたりするでしょう。何より大切なことは部屋のサイズに合わせることです

また、最近のエアコンはさまざまな機能が搭載されているので、機能面で選んでも良いでしょう。花粉が気になる方は空気洗浄機能のあるエアコンをおすすめします。そして、人を感知して風が直接当たらないようにするセンサーなどもあり、エアコンの風が苦手中田も安心です。

まとめ

エアコンには六畳用や八畳用がありますが、性能よりも広い部屋での使用は避けましょう。常にフル稼働させてしまうので、電気代がかかるだけでなく故障の原因にもなってしまいます。そして、それとは逆に狭い部屋での使用もおすすめ出来ません。本来必要の無い電気を使うので電気代が高くなってしまうのです。