エアコン取り付けの失敗例とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

エアコンは特殊な家電製品であることから、設置をするには専門の業者に依頼しなければなりません。家電量販店でエアコンを購入した場合、設置工事も家電量販店に依頼するケースが多いことでしょう。そのほかに引っ越し業者にエアコン取り付けを依頼することもあります。しかし、こういったエアコン取り付けは基本的に外注の業者に依頼しているのです。中にはアルバイトのようなスタッフがエアコン取り付けを行うこともあり、これによって問題が起こることもあります。エアコン取り付けには建築や電気設備の知識も必要になりますので、専門的な業者である必要があるのです。いい加減なスキルによる失敗はいくつもありますので、こちらではその失敗例を集めました。

スリーブ設置工事について

室外機エアコン取り付けの際にスリーブ設置工事が行われますが、そこでトラブルが起こることもあるのです。スリーブとはエアコンの室内機と室外機をつなぐ穴のことで、エアコン取り付けには欠かせない工事となっています。この穴にはドレイン管や冷媒管を通す必要がありますので、特に重要なポイントなのです。

一般的な新築マンションはスリーブが最初から設置されているため、それほど心配はありません。しかし、建売住宅の場合はスリーブがありませんので、エアコン取り付けの際に穴をあけるスリーブ設置工事が必要になるのです。

このスリーブ取り付け工事にはさまざまなトラブルが起こるリスクがあり、代表的なトラブルは構造部の損傷、スリーブの勾配でしょう。これらのトラブルをご紹介いたします。

構造部材の損傷に関するトラブル

スリーブ取り付け工事によってさまざまなトラブルが考えられていますが、特に大きい問題となっているのがこの工事なのです。構造部材とは柱など住宅を支える部分で、スリーブの工事を行う際にこの構造部材を傷つけることがあります。これは住宅の耐久性そのものにダメージを与えますので、非常に大きいトラブルなのです。

本来であればスリーブ設置工事は柱などの構造部材を避けて穴をあけるものですが、一部を損傷するケースがあります。そこでミスが起こったとしてもリカバリーは可能ですが、中にはミスをしてもそのまま隠すケースがあるのです。これは住民にとって分かりづらいことでしょう。特に専門的な知識を持たないアルバイトスタッフが工事を行うことで、このようなトラブルが起こることもあるのです。

スリーブの勾配の設置ミス

スリーブとはパイプを通すだけの意味ではありません。パイプの中が結露することがありますが、その結露水を壁内部に伝わらないようにする役目も持っているのです。そのため、スリーブには勾配をつけて結露水を外へ流すようにしていますが、この勾配を失敗することがあります。

勾配をつけずにスリーブ設置工事を行ってしまうと、パイプの中に結露水が溜まってしまうのです。これによってパイプが損傷してしまい、エアコンの性能も低下してしまいます。そして、エアコン故障の原因にもなるのです。エアコンの結露水の量は想像以上に多いものですので、結露水対策はエアコンを使用する上で考えなければなりません。スリーブ設置工事のミスは比較的多いので、確かな技術を持つ業者を選びましょう。

まとめ

エアコン取り付けには業者に仕事を依頼するものですが、中にはアルバイトのようなスタッフが行うこともあるのです。これによって工事ミスが起こることがあり、特に危険なミスはスリーブ設置工事で、柱などの構造部材を損傷することがあります。これはエアコンだけでなく住宅にもダメージを与えることがあるのです。そして、スリーブは結露水を流すために勾配が必要なのですが、この勾配を失敗するケースもあります。

六畳部屋のエアコン取り付けについて

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

引っ越しのタイミングでこれまでのエアコンをもう一度使用することがありますが、エアコンには空調能力が決められており、六畳用や八畳用などがあるのです。そのため、六畳用のエアコンを八畳の部屋に設置することもありますが、こういった使い方は良いのでしょうか。部屋のサイズに合わせた新しいエアコンを購入することがベストですが、それでは余計な出費となってしまいます。さらに、エアコン取り付けや取り外しは一般の方では出来ませんので、専門の業者に仕事を依頼しなければなりません。そのため、エアコンは何かとお金がかかってしまうのです。こちらでは六畳用のエアコンを六畳以上の部屋に使用する際の注意点について解説いたします。

方角や位置などで空調能力は変化する

日差し同じエアコンを同じ広さの部屋で使用したとしても、同じ空調能力が得られるとは限りません。エアコンの空調能力は窓の方角、部屋の位置、湿度や外気温によって大きく変化します。特に陽ざしの差し込む南向きの部屋と北向きの部屋では空調能力が大きく異なるでしょう。これによって、夏場になかなか涼しくならないこともあります。

そして、空調能力が変化するということは消費電力も異なりますので、電気代にも影響を及ぼすのです。シーズンによっては1日中エアコンを動かすこともありますので、電気代は無視できないものでしょう。さらに、エアコンの負担も変化しますので故障の原因にもなるのです。エアコンを使用する際はこういったランニングコストも考える必要があるのです。六畳用にエアコンを広い部屋で使う場合、これを踏まえる必要があります。

六畳用を広い部屋で使用する

部屋の環境によってエアコンの空調能力は変化しますが、六畳用エアコンを広い部屋で使用したらどうなるのでしょうか。こういったエアコンは六畳でベストな運転をするように設計されているので、六畳以上の部屋で使用するとエアコンに負担をかけてしまうのです。常に無理をした運転をすることで電気代も大きくなり、故障するリスクもアップするでしょう。

そして、八畳の部屋に六畳用エアコンを設置した場合と八畳用エアコンを設置した場合、これらを比較すると八畳用エアコンの方が電気代は安くなります。これは八畳用に設計されているので、無駄の無い運転が出来るためなのです。さらに、八畳用であればエアコンに負担をかけませんので、故障のリスクもありません。そのため、長い目で見ると部屋の広さに合わせたエアコンの方がリーズナブルなのです。

狭い部屋でエアコンを使う場合

部屋のサイズに合わせたエアコンを使用することで、電気代が安くなり故障のリスクも軽減出来ますが、八畳用エアコンを六畳の部屋で使用するとどうなるのでしょうか。この場合は空調能力が高すぎるので、本来使用する必要の無い電気を使ってしまいます。そのため、電気代が高くなってしまうのです。さらに、温度の微調整も難しいので寒過ぎたり暑過ぎたりするでしょう。何より大切なことは部屋のサイズに合わせることです

また、最近のエアコンはさまざまな機能が搭載されているので、機能面で選んでも良いでしょう。花粉が気になる方は空気洗浄機能のあるエアコンをおすすめします。そして、人を感知して風が直接当たらないようにするセンサーなどもあり、エアコンの風が苦手中田も安心です。

まとめ

エアコンには六畳用や八畳用がありますが、性能よりも広い部屋での使用は避けましょう。常にフル稼働させてしまうので、電気代がかかるだけでなく故障の原因にもなってしまいます。そして、それとは逆に狭い部屋での使用もおすすめ出来ません。本来必要の無い電気を使うので電気代が高くなってしまうのです。

いろいろとあるエアコン取り付けオプションの活用

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

今や家庭に3台あるとも言われているのがエアコンです。かなりの普及になってきたのは間違いありません。それだけ夏の暑さは危険なレベルなのであり、熱中症は怖いものだと認識されてきたともいえるでしょう。さらに、冬の寒さを考えても、エアコン取り付けさえしておけば安心というところもあります。ストーブにすると、燃料を使うことになり、家事の危険性も出てくるのが重要です。電気ストーブでも、転倒して火事になることを考えれば、小さなお子さんや高齢の方を抱えている家庭では、エアコンが重要になってきます。

大事なエアコンではありますが、新築の時にもさまざまな選択肢が出てくるでしょう。必要不可欠なものではありますが、エアコン取り付け方法にも違いがあります。家を建てるときには、基本的に設備はつきません。設備はオプションになってくるからです。扱いが異なる部分が存在し、電気工事士を持つ専門の業者が工事をおこなうため、オプション扱いになると考えるといいでしょう。

オプション契約で入れるメリットとデメリット

家住宅を建てたり購入したりするのは、夢のある話です。ですが、ここからが大きな問題になってくることも考えておかなければいけません。新築戸建ての場合、エアコンは別途工事をすることになります。オプションでの契約ということになりますが、スリーブも通っていないことが珍しくありません。つまり、削孔から依頼をすることになるのが基本といえるでしょう。オプションでエアコン取り付けを依頼するかたちになると、基本として問い合わせ先が一本化できるようになります。工事に関しても、依頼先が責任を負うところも大きな違いです。

オプション契約をしておくことによって、入居前には工事が完了していることになります。内装との一体化を図ることもできますので、全く違うようなものを取り付けてしまう恐れがありません。選択肢の幅はそこまで多くはなりませんが、カタログから選べるなど、広がってはきているといえるでしょう。

別途注文する場合には、好きなところを選べるメリットがあります。量販店などの格安のものを探せるのも魅力とはなってくるでしょう。しかし、工事業者は建築業者とかかわりのないところがやってきます。図面を見て工事してくれるような信用ができるところであれば問題はありませんが、絶対にそうなるとは限りません。オプションのメリットともいえる部分ですが、違いを理解しておかなければいけないでしょう。

引越しのオプションとして

エアコン取り付けということでは、引越しのオプションとして契約できる業者が増えてきています。引越し業者が直接行っていくのではなく、各地でエアコン取り付け業者を依頼してくれるオプションの契約で、自前で購入した場合であっても安心して引越しもできるようになっています。これまで住んでいたところのエアコンの撤去から始めて、移り住む新居での取り付けを考えると、遠方となると、2つの業者を依頼しなければいけません。これが非常に手間のかかる方法であることは明白でしょう。

引越しのオプションとして契約すると、すべて引越し業者が手配していきます。自分で手配する必要はありません。もちろん、どんなところであっても、各業者が使っているところで取り外し、新たなところでエアコン取り付けをおこなってくれるのが、このオプションの特徴です。知らない土地でエアコン取り付けの業者を手配するのは、決して簡単なことではありませんし、高級な機種を購入している場合などでも、エアコンを新規で購入しないで済むというメリットも生まれてきます。高級機はかなりの金額になりますので、複数台入れる必要があるときにも、このオプションを考えておくといいでしょう。

新築の家にエアコン取り付けをする場合の注意点

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

新築の家には基本的にエアコンがついていません。そのため新築の家にその前にエアコンを購入し取り付けしなければなりません。では新築の家にエアコン取り付けを行う際に覚えておくと良いのはどのようなことでしょうか。いくつかのポイントをご紹介します。

どんなエアコンを選ぶべきか

エアコンと言っても様々な種類があります。エアコンのカタログでは畳の畳という単位で表記がされています。木造の建物か鉄筋の建物かによってエアコンの冷え方が異なりますので、それぞれの構造に応じてどの程度の広さに対応できるエアコンなのかが分かるようになっています。そのためエアコンを取り付ける際にはその部屋の大きさに応じたエアコンを購入する必要があります

見取り図エアコンはネットでも購入出来ますし家電量販店などでも購入することができます。家電量販店で購入する場合のメリットとしてはエアコンを選ぶところから取り付け工事の段取りまで一括で行ってくれるところがほとんどというところです。そのため新築の大体の見取り図などを説明すれば、どのようにエアコンを設置するのか、オプション料金などがかかるのかといった見積もある程度はおこなってくれるでしょう。また家電量販店を通して取り付け工事を行うと、工事の後で何か不具合が生じた場合にもアフターケアをしっかりと行ってくれるというメリットもあります

エアコンをネットで購入する場合には通常家電量販店よりも安く購入できるという点が利点です。ネットで購入する場合にも取り付け工事を依頼することはできますが、量販店の購入の時とは違って細かい打ち合わせが難しいため、実際に工事に来てもらってから様々なオプション料金がかかることがわかるで可能性もあります。そのようなリスクを承知した上でネットで購入するならとても安くエアコンを購入することができるでしょう。

どのような取り付け工事業者を選ぶべきか

新築の家にせっかく新しいエアコンをつけるのですから信頼できる取り付け業者に設置してほしいものです。そこでどのような取り付け業者が望ましいのか基準となるいくつかの項目をご紹介します。ひとつはエアコン工事そのものの保証期間が長く設定されているということです。保証期間が設けられていないような取り付け工事業者は依頼するのをやめておいた方が良いでしょう

またエアコンの取り付け工事がずさんだと、漏水や風が漏れてしまうことによってエアコンの効きが悪くなってしまうということがあり得ます。また会う時にはエアコンそのものが壁から落ちてしまうということにもなりかねません。このような取り付け後のトラブルがないと自信を持って工事ができる業者ほどアフターメンテナンスの保証期間を長く設けているものです。もちろんエアコンそのものにもメーカー保証というものはありますが、取り付け工事会社の保証期間も5年や10年と言った長い期間の業者を選ぶと良いでしょう。また出来る限り取り付け工事の前に事前に見積もりをしてもらうと便利です。取り付け工事をしながら改めてオプション料金がかかると言われた場合、その提案に従うしかないという状況にもなりかねません。事前に見積もりを取ってもらうことによってなぜその工事が必要なのかという点を細かく質問し納得できるよう打ち合わせることができるでしょう。

このように新築の家にエアコンを取り付ける際にはどのようなエアコンを購入するのか、どこで購入するのか、どのような取り付け工事の業者に依頼すれば良いのかといった点を事前によく考えておくとお役立ちます。せっかく綺麗な家に住めるのですから、エアコン選びも妥協をせず納得のいく取り付け工事をできるように準備しましょう。

エアコン取り付け時の追加料金!室外機・コンセント・壁穴に発生する価格

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

エアコン取り付けを依頼する場合はまず見積もりを取るのが基本です。しかしそれも手間がかかりますし、予算を考えておく上で取り合えず目安の価格だけでも知っておきたい場合もあるでしょう。しかしエアコンの取り付け価格は詳細が公開されていない事が多いです。それはエアコン取り付けには追加費用が発生する可能性が高いからです。取り付け価格の目安は8000円~12000円と言われていますが、これは標準の工事のみで終わった場合の金額です。エアコン取り付けは状況により追加で費用が発生する可能性もあります。追加で費用発生するケースは幾つかありますが、室外機を特殊な方法で設置しなければならない場合に追加費用がかかる事が多いです

室外機設置の追加費用

お財布エアコン取り付け時、室外機の設置場所によっては通常の取り付け価格に加えて追加で料金が発生する場合があります。一般的には、室外機は家の外の地面やベランダに直置きされます。しかし最低でも幅が65センチ、高さが50センチ、奥行きが25センチのスペースが必要です。日本の住宅事情ではそのスペースを確保する事が難しい場合も多く、最近は一部屋に一台のエアコンが取り付けられている事もあるため、複数台分の室外機設置スペースがいります。室外機を外やベランダに直置きできない場合は、他の設置方法で室外機を取り付けます。マンションや建物の2階以上の場所でベランダに室外機を設置する場合、直置き以外では天吊りで設置される事があります。天吊りとはベランダの天井に架台を取り付け、そこに室外機を設置する方法です。下から見ると室外機が吊されているように見えます。この場合の追加費用は最低でも14000円からかかる事が多いです。ベランダの天吊りが難しく、廊下にも室外機を置けない場合は、建物の外壁に架台を取り付け、そこに室外機を設置する壁掛けの方法を採ります。設置する場合は外から脚立を使うため、地面から2メートル~3メートルほどの高さまでしか対応できません。追加費用としては同じく14000円から見積もりをしているところが多いです。屋根の上に設置できるスペースがある場合は、屋根に架台を置き室外機を設置する屋根置きの方法が採られる事もあります。こちらも目安14000円からかかる事が多いです。ベランダに複数台室外機を設置する場合は、室外機を重ねる二段置きの方法を採ります。まず室外機1台を設置し、その上に架台を設置、更にもう1台の室外機を置きます。1台分のスペースがあれば対応可能なため、スペースに限りがあるマンションや都市部の一戸建てでよく使われています。この場合の追加費用は他の方法よりも高くなる事があり、目安は22000円からの見積もりとなります。

コンセント工事の追加費用

エアコンには専用のコンセントがいります。コンセントは通常部屋の下側に設置されている事が多いのですが、エアコンの場合は天井側に取り付けますから、天井付近にコンセントが必要です。またエアコンは機種によっては通常の100Vコンセントではなく、200Vのコンセントが必要な場合があります。設置する部屋にエアコンに適したコンセントがない場合、増設や交換、または電圧変換をしなければいけません。かかる費用の目安はコンセントの増設で16000円から、形状交換で3000円から、電圧変換で6000円からの見積もりです。

穴開け工事の追加費用

エアコン取り付けでは室内機と室外機を繋ぐ必要があります。そのためには配管が通る穴がないといけません。もし配管用の穴が開いていない場合は、壁に穴を開けて配管を通します。最近の物件は予め配管用の穴が開いている事が多いのですが、場所によっては穴がない事もあります。その場合は追加で穴あけ工事を行いましょうで。穴あけ工事は壁の材質によって異なり、5000円から22000円と幅があります。また賃貸物件の場合は事前にオーナーの許可を取る必要があります。

エアコン取り付けの工事費を安くするには

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

エアコン取り付けの工事費が気になってしまう方は多いでしょう。できるだけ工事費を安くしたいと願っている方はたくさんいるはずです。エアコン本体の価格は最新のものであればかなりまとまった金額となるでしょう。大きな負担となるはずです。それに加えて工事費もかかってしまうと家計に与える負担は大きくなってしまいます。そこでできるだけ工事費を安くすることが重要となるのです。

こちらでは工事費を抑えるために一体どのようなことができるのかを教えましょう。工事費を抑えるためのポイントをまとめています。これからエアコン取り付けの工事を頼みたいと考えている方はぜひとも参考にしてください。きっと役に立つ情報を提供しましょう。

繁忙期を避ける

秋たとえば引越し業者は繁忙期になると料金が高くなり、逆に暇な時期には料金が安くなることは有名です。これと同じようにエアコン取り付けの業者についても、繁忙期に鳴ると料金が高くなりやすく、逆に暇な時期には料金が安くなるのです。そのため、業者の忙しい時期はできるだけ避けた方が良いでしょう。

それでは1年の中でいつが繁忙期となるのでしょうか。基本的には7月から8月にかけてエアコン取り付けの業者が忙しくなる時期です。業者はエアコンの取り付けだけではなくて、取り外しや修理にも対応します。したがって、夏場で毎日のようにエアコンを使うような時期になると業者はとても忙しくなるのです。できるだけこの時期を避けて業者を利用するべきでしょう。

時期としては夏場になる前が良いでしょう。あるいは春や秋のようにほとんどエアコンを使わないような時期を狙うこともおすすめします。この時期であれば業者は忙しくないため、安い費用で対応してくれる可能性が高いです。

見積もりをもらう

業者ごとに工事費は異なっています。したがって、工事費を安くしたいならば、見積もりをもらい、それを比較するという方法が一番簡単にできるでしょう。ただし、追加で工事費用を請求されることもあります。それはオプション工事が必要となることがあるからです。現場の状況によって必要な工事が異なるのです。また、標準工事に含まれている内容も業者ごとに異なっています。

そこで見積もりをもらう際にはオプションの費用も含めて考える必要があるでしょう。たとえば、自宅の状況について正確に伝えることによって、オプション工事が必要かどうかを判断してもらうのです。本当に必要な工事をすべて含めた見積もりを出してもらうことによって、実際にかかる工事費用が分かります。たとえば見積もりをもらう段階で自宅まで来てもらうという方法もあります。実際にエアコンを取り付けてもらいたい部分をチェックしてもらうことで、正確な見積もりをもらえます。

不要なオプションをつけない

オプションの中にはどうしてもそれをつけないとエアコンを設置できない場合があります。そのようなオプション工事は仕方のないものです。しかし、中にはそれを利用しなくてもエアコンを機能させることが可能な場合もあります。そのような必要性の薄いオプションについてはつけない方が費用を安くできます。たとえば、外観を良くするためにカバーをつけられるオプションがあるのですが、費用を重視するならばこれは不要でしょう

こちらにきちんと確認しないで勝手にオプションをつけられてしまうようなケースもあります。見積もりの中にオプション工事が含まれていることもあります。それが本当に必要なものなのかよく考えましょう。きちんとオプション工事について説明を求めて、不要なものは断ると良いでしょう。必要最小限の工事だけしてもらうことで工事費を抑えることができるのです。